Hablemos un poco~ちょっとおしゃべり~ レッスン記「愛の夢3番」

プロフィール

Author:てんてん40
サラリーマン歴30年弱のオバフィフです(爆)

職業:某機関OL
誕生日:モツアルトと同じ 209年違い(笑)
趣味:ピアノとか歌とか。クラシック、演歌、金爆など一見統一性ないですが、血沸き肉踊る音楽が好き。

リンク

モニターサイト

マクロミルへ登録 ライフメディアへ登録

最新コメント

熱帯林商店

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/03/15 (Sun) 00:30
愛の夢3番完結

土曜日は教室変わって初の発表会でした。
1月から準備して約2ヶ月半。
泣いたり笑ったりのレッスンや練習を経て昨日を迎えました。

前日時点の天気予報が嵐(爆)
雨女は誰ですか???私かな。
天気悪いのでもう衣装はドレスは辞めてパンツスーツにした。
化粧は眉毛を濃い目アーチ型にして、ランランをイメージした(爆)
強風も吹いていたので、電車が遅れていて余裕持って出たのに、会場にギリギリに着きました。

以前ドルチェの練習会の良く使っていたスタジオのホール。
予約しようとしても取れなくて中に入ったことはなく、ドキドキワクワク。。
会場に着くと先生のリハーサル状況がモニターに映っていた。スゴイ難しい曲~。

上着を楽屋にしまう時にちょっとガタガタ。
ホールは意外に狭目のホールでした。
リハーサルは人数が少ないからかフルで演奏できました。
そしたらリハーサル中に自宅から「着信アリ」。
もう心臓に悪い~!
慌てて外に出てかけると長女が


「お湯のボタン・・・」「お湯のボタン・・・;;」


何のお湯だよ!聞いてもハッキリしないで、ホタルのだめ状態なか細い声。
旦那は何をしてるんだ!「パパに聞きなさい」と言って切る。
しばらくするとまた「着信アリ 2件」。ここまで来ると呪い?

かけ直すとまた同じことを言っている。はるさめヌードルのお湯を入れるのにポットのどのボタンかわからないらしい。
ボタンの内容を説明してもわからないので、「ポットの下にコップ置いて片っ端から押してみそ!」と言うと「わからない~」と泣きながら電話を切られた。

子守りを押し付けられた旦那の嫌がらせ?@被害妄想爆

リハーサル中にポットのお湯ごときで電話すんなよ!そんなにパパに聞きづらいのかっ!!
電話終わって急いで会場に入るともう私のリハの番だった。
もうドーパミンが全部蒸発したみたいに多動開始(爆)バタバタガタガタ・・・
舞台に上がったのに花粉症のマスクをつけっぱだった。。

家の様子が気になって気が散ってリハの演奏は散々でした。
とてもタッチが軽くて弾きやすくて響くピアノ。
ドルチェの発表会のリハーサル時のピアノとよく似た感じでしたよ。
軽いからか冒頭から走ってしまい外しまくり。挙句の果てに調を間違えて黒鍵で始まる所を白鍵で弾いて弾き直したり。

そうこうしてるうちにドルチェの自由の女神さん、まーみさんが来てくださいました。
先にいらした女神さんにはお湯のボタンの話を延々と聞いていただいて・・・すみませんでした。
間もなく第1部開始。お1人休みの方がいて少し早目に子供の部は終わり。
子供のラフマピアコン連弾はビックリしましたね。あんな色っぽい曲を子供が弾くなんて。

大人の部開始前の休憩中に雁さん到着。
大人の部は次女の担任と先生と同門の方、同門の方の生徒さん、私の4名でした。
楽器店の発表会は大人だけですごい人数だったので対照的でした。

リハ後先生に

「音はちゃんと出てますよ~。でも巻いてますよ~。」

と言われていたので、今度は急がないように落ち着け落ち着け。
マスクも取り忘れないように前の番の人の時から外しておいた。鼻痒っ
今度はドジやらないように慎重に舞台に上がるぞ~。

舞台に上がってお辞儀。この時点ではまだアガッてないぞ。よーし。
譜面台を立てる時になんかドジッた。ドンマイドンマイ。
深呼吸をして弾き始める。リハよりは調子いいかな?
途中左手の和音どこ弾いていいかわからなくなって少し間が空いた部分があったり、両手交差の所で手が届かなくなったり(爆)
腕、太くて短いんだよなぁ。今日は上着来てるし。
男のピアニストさんは大変ですね。

まあでもリハーサルの時みたいに弾き直したり目立った失敗は少なかった!
弾き終わってペダルを静かに離して両手をフワ~と戻す。
拍手が今までの舞台より気持ち長かったような気がした。ヤッタ~
得点は85点ぐらいでしょうか。

それではその実際の演奏をどうぞ。まーみさんが撮影、まーみさんのご主人がファイルを宅ふぁいる便で送ってくださいました。
まーみさん、boss様、どうもありがとうございました!



身体が・・・太いですね^^;ハリセンボンの太い方の人みたいな。
プロフィール見たら体重身長ほぼ同じでした(そんなの関係ない爆)

大人の部の後は講師演奏があり第1部終了。
休憩の後は先生のお師匠さまの門下生とお師匠さまのリサイタルでした。
門下生の方は喜びの島、ショパンソナタ3番全楽章。
ドビュッシーは衣装も演奏も素晴らしかった!キレイどころが弾くと違いますね。

男性のショパンソナタは気持ちよくなりすぎて寝てしまい、落としたプログラムを拾おうとして前の椅子に頭を派手にぶつけてしまった^^;

現役のコンサートピアニストである先生のお師匠さまは特別出演で月光全楽章とカタリカタリを弾いてくださいました。
途中で門下生が出られる時にわざわざ舞台まで来て紹介したり、マメで親切な先生だなぁと思いました。
ベートーベンってゴツゴツして白黒!なイメージだったけど、全然違いますね。
音色が多彩でとても勉強になりました。ベートーベンで多彩って普通ありえないでしょう?
バックハウスは銀色とかモノクロのイメージでしたけどね。

そして今日のサプライズは先生のお師匠さまの講評。
てっきり先生から手渡されるものと思いきや、お師匠さまから直々にいただきました。
講評ってコンクルみたいに白い紙に数行書き込まれたのかなぁと思っていたら、男性は青、女性はピンクの便箋にビッシリ書かれて可愛い封筒に入っていました。

○○ ○○様
★リスト 愛の夢第3番
とてもきれいな音で結構たいよく鳴る音ですね。
和音のバランスもいいし、ピアノを好きなお気持がいっぱい伝わってきます。
内声をもう少し小さくするか、テーマを大きくするかで、テーマが内声にかき消されないようにして下さいね。音楽をまずつかまえて演奏なさってね。
この上はステージ経験をたくさん積んで、あがってもうまくゆく様に益々頑張って下さい。
ピアノを心の友として、ゆたかな人生を送って下さい。

(教室名)
SPRING CONCERT       (お師匠さまのサイン)

2009.3.14
(会場名)



講評を手渡していただく時に、
「骨太な音ね。とってもいい音だったわ。」と言っていただけました。
うわ~(;;)音を褒められたことは初めてで感動しました。
でもピアノが良かったとも仰ってたとのこと(爆)
でも今までピアノが良くても音悪かったからちょっとは進化したかしら。

な~んて。
今回もかなりアガッて足も変なところで踏んだり手や指もブルブルだったんですよ。
アガリ症、いいかげん克服せねば。
英ポロの時@ユンロンばりよりはマシになってるけど^^;

雨の中お忙しいところお越しいただいた自由の女神さん、まーみさん、雁さん、どうもありがとうございました。
発表会後のビールブレイク&ガールズトークも楽しかったです。
またドルチェで地道に頑張りたいと思いますので宜しくお願いします^^
スポンサーサイト

2009/03/07 (Sat) 22:23
3月7日(土)のレッスン

今日は花粉がすごかった!!
現在想像妊娠中のてんてんです(爆爆)
発表会前1週間になったというのに来るべきものが来ない(笑)
空腹になるとムカムカ・・・。かと言って沢山食べたらまたムカムカ(当然爆)
やたら眠いし、子供たちは連日おもらし。キー

・・・私の場合妊娠初期とアレの前の症状って激似なんですよね(爆)
お願いだから発表会前日に来るとかだけはやめてくれ~>アレ


今日はレッスンの日でした。
今朝は例のポニョピアノを弾きに行きました。
いつも月2回のペースで土日の朝2時間予約しているのですが、休みの朝はマジツライ(笑)
こないだあたりから少しずつ遅刻し始めて、今日なんかは9時開始なのに練習室でピアノ弾き始めたのが9時40分(アホ)
いくら1時間500円と言っても、1時間ちょっと弾くだけにピアノ代入れて2000円は高いっしょー>自分
今度からちゃんと早起きしよう。


★バッハ平均律第1集 10番プレリュード★
ところてんな私の脳みそ。今日は愛の夢3番でダメ出しいっぱい喰らったので、バッハの指摘事項がほとんど抜け落ちてます(爆)
とりあえず覚えている(書かれているところ)だけ。

・Presto部分・・・拍頭を意識した弾き方をする。2~4番目の音も強くしない。
左右を揃える練習をするように。

・24小節目・・・後半の右手レッシーラソラの部分のシンコペーションをもっと出す。

・・・二つだけですね^^;
まあ、でも先週よりは進化したそうで。出された課題は表作ってハンコ押しながらやったんですが、半分もできず。
ここんとこ2~3日に1日ぐらいしかピアノ練習してないんです。モチベーション下がってるというか、ずっと練習しててもなんか先に行かないというか飽きちゃって。
来週の本番で先生や同門の方や、お師匠さまの演奏聴いたらちょっとは刺激されるかな。


★愛の夢3番★
今日は一通り弾いて時間を計っていただきました。6分。遅っ
その遅さについては先生は何も仰らなかったのでOK。

ペダルの踏み方が悪いとのこと。踏んで上げる時のガタッと言う音が聴こえるのはよくない。
うるさい曲の時はよいけれど、愛の夢みたいな静かな曲の時はノーグッドということで、踏み方の指示を受けました。
私は先っぽで踏んでたんですが、足の腹?土踏まずの前方の盛り上がった所で踏むんですね。
今まで教えてもらったことないのが不思議。
んで上げるときは足を外すのではなく足を載せたまま上に上げる。
愛の夢はそんなに深く踏まなくてもいいと言われました。ハーフでも充分響くとのこと。

・12小節目メロディ左手・・・ファソラドーシのドに入る前に用意する。ちゃんと謳うこと。

・アリンコ部分・・・カクッポイントに乗せるだけ~のハーフタッチで弾く。

・27小節目直前~・・・メロディの弾き始めをレ♯レ~と深いイメージで弾く。

・38小節目~・・・どうしても音がきつくなっている。音を上に上げるつもりで弾く。

・42小節目~・・・ここは急いで弾かない。右手の伴奏アルペジオの最初を外すのは用意してないから。ここはゆっくりでいいので謳うように弾く。

・51小節目~・・・右手のオクターブメロディの部分、力を開放させて弾く。力入れたままだときつくなる。

・55小節目・・・ラーーーソシラ○ドシ○ソーファ の○の部分は特に用意をしてから弾く。

・60小節目~・・・小指がどうしても手の甲側に曲がってしまい、音が薄くなってしまっている。第1巻節をしっかり支えにして打鍵すること。

・76小節目~・・・ドードドレドファ シーシシドシソ のところはもっと含みを持たせて弾く。

・79小節目~・・・左手のベースの音が次の音に気を取られてちゃんと出ていない。ベースの全音符の部分は指のフォームに気をつけて重みをかけて響かせてからそのまま移動して上の音を打鍵する。

私はまだまだ指の力が足りないので、ハノンを練習してくださいとのことでした。
先生は毎日指練習を1時間されているそうです。
大人で仕事持ってる人はそこまでは難しいので、今日は5番まで、明日は10番まで言うようにと区切って全般的に万遍なく練習するようにする。
指の力をつけるために、速く弾くのではなくゆっくり、fで、左右弾いてから両手で弾く。左手の指が打鍵後すぐ跳ね上がっているので、鍵盤の上でちゃんと待つ(笑)こと。

あと音の出し方具合というか、自分の手元でガンガン鳴ってるのはよくないそうです。
自分の方ではあまり聴こえないかなぐらいかなの方が客席側に届いているらしい。
「遠くに音を飛ばす打鍵」ですね。

もうあと1週間なんですね。1人で練習してる時は結構いい気持ちで弾いてるんですが、レッスン行くと凹む。早くちゃんと欠点を矯正しなくては。

2009/03/01 (Sun) 23:47
3月1日(日)のレッスン

日曜日はレッスンでした。
もうレッスン回数わからなくなってますね^^;まあ、どうでもいいか。。

今週は本当はレッスンがなかったので、2週空いて今度の7日のレッスン1回だけで発表会・・・の予定でしたが、2月の鬼が来た日(笑)に次女と私が熱を出した時の振替で見ていただきました。

今日はお昼間だったので雰囲気まで明るかった~。
発表会の前の前のレッスンということで、今日もみっちりでした。
先週ダメ出し喰らい過ぎて凹んでおりましたが、今日は何点か問題点をクリアしていただいたり、指のフォームの思い込みを訂正していただいた結果、ラクに打鍵できるようになったりなどが続いたため、とても気持ち的に晴れたレッスンでした。


★バッハ平均律1集10番 プレリュード★
・7小節目右手・・・3拍目後半のソの音を打鍵したらしっかり指を立て直す。そうしないと4拍目の速いところが崩れてしまう。

・8小節目右手・・・レミファの頭を意識して両手の音共揃えて打鍵する。最後のソファラドのラもしっかり指を立て直す。

・13~14小節目・・・拍頭を意識して両手の音を揃える。

・21~22小節目・・・左手拍頭の音のハーモニーを感じながら弾く。

・24小節目・・・右手レ シーラソラ の シー をちゃんと意識して打鍵する。

≪今週の課題≫
Prestoの部分を以下の内容で練習する。
①片手ずつ ゆっくり  ff 5回
②片手ずつ 少し速く ff 5回
③片手ずつ 速く    ff 5回
④両手    ゆっくり ff 5回
⑤両手    少し速く ff 5回
⑥両手    速く   ff 5回



↑これを一日でやるのはきついので、少しずつ愛の夢を練習する前に練習してくださいとのこと。
両手共速い音でツェルニーっぽい部分なので指を目覚めさせるのにちょうどよいでしょうとのことでした^^

また練習表作ろうっと。。(最近サボっていた・・・)


★愛の夢3番★
今日はとことん指の形とかチェック入りました。あ、今日に限ったことでないですが。
でもいつもと違うのはコツが自分なりに掴めたこと!嬉しいですね。マスターできれば(爆)

全般的にやはりタメというか、音同士の間をいっぱい書き込みしていただきました。
音をキレイに出すためには指をすぐ近く準備してから打鍵して、打鍵後指を前上方に上げること。
そうすれば次の打鍵体制に入りやすい。手がべちゃっとなったままだと次の音をミスタッチしたり音が出にくかったりするので注意すること。

・冒頭部分・・・鍵盤を打鍵して中途半端に指を上げているため音が固くなっている。音をキレイに出すには打鍵後指をしっかり前方に上げること。


・5小節目メロディ・・・ドーーファのところがファの方が強くなっている。逆。

・21~24小節目・・・メロディが不明瞭なので、メロディだけ取り出して練習しました。打鍵法のチェックを受ける。
右手伴奏アルペジオのまとまりの最後の2つの音がどれも詰まってしまっているので、落ち着いて間を持たせて弾くこと。

・31小節目・・・後半のレードのレーが出にくいのは前半弾き終わった後のフォームが力が抜けているから。

・32小節目・・・最後のファに入る前に一呼吸置く。左手は前半と後半の間をちゃんと響きを聴くこと。
慌てずたっぷりゆっくり弾く。

・42小節目~・・・両手の2分音符は伸ばす意識を持つ(物理的には無理だが)。中のアルペジオの音を外すのは準備していないから。ちゃんと意識して打鍵すること。

・55小節目・・・右手和音は人差し指で支えて5の音が出るように打鍵すること。

・56~57小節目・・・右手はアルペジオの入る前にふわっと間を置く(笑)
左手のアルペジオの最終音の打鍵に注意。弾いたらふわっと上げて次のアリンコの第1音の鍵盤まで指を持って行くこと。

・58小節目~アリンコ部分・・・片手両手でffゆっくり弾き(左手は3倍)の練習をする。指を強くするために指を上方から落として跳ねてハジく練習も有用。
この練習で指が強くなったら、ハーフタッチでフニャフニャ軽く弾けるようにすること。
指が弱いままでフニャフニャ弾きをすると、音がちゃんと出ないそう。

・62~63小節目メロディ・・・ドード レード ドー のレーと その後の拍頭のドーがちゃんと出ていない。

・68小節目~と74小節目~のところは、しみじみとした感じを出すこと。もうすぐ終わりだけどまだ終わりたくない・・・というような(笑)

・76小節目~・・・和音のバランスを考えて弾く。メロディが浮き立つように。

指のフォームの他、姿勢も多々指摘を受けました。
腰で身体を支えてちょっと後方に上体が傾くぐらいにして、両手が自由に動くようにすること。
決して前のめりになってはいけない。手が動きにくくなるので。
あと打鍵時に腹筋を使う。特に弾きにくい箇所など。
手は手のひらを外に向けがちだけれどもそうではなく気持ち内側に。二の腕は締め気味にすること。

あと今までずっと親指の打鍵をする時に指を真っ直ぐにしていたのですが、私の指は普通にすると外90度に反っているのです。
それを無理に反らないように矯正して弾いてたのですが、それは反ったままで指の根元の関節で打鍵を支えればよいそうです!
ここが今日のレッスンで一番目からウロコポイントだったでしょうか。。
お蔭で親指で出す音も堂々と打鍵できます(笑)

一通り指摘を受けた後、今度はピアノ後方に先生が回られてもう一度通して弾きました。
ちょっと弾きなおした部分1、2箇所。
でも後半はうまくまとまって最後まで弾けました。
最後の和音を弾いた直後に


ピン ポーン♪


次女の担任の先生でした。
まるでのど自慢の鐘二つみたいでした(爆)タイミングよすぎ~。

先生曰くだいぶ弾けるようになったので、今度は聴かせどころをいっぱい作ってくださいとのことでした。楽譜はコピーしなくては~。
プログラム?にピアノ歴を書くらしく、年数とか聞かれてブランク25年入れて11年です~とか言ってたら、


かなり頑張ってらっしゃいますよねぇ


と言っていただけました(涙)
労いの言葉をいただくとやはり嬉しいものですね。
趣味のピアノだけど、頑張れるところまで頑張ってみよう。

次回レッスンは3月7日(土)の予定です。

2009/02/15 (Sun) 00:30
発表会1ヶ月前突入(第13回(2/14)のレッスン)

この週末はバレンタインデームード一色ですね。
チョコレート大好きな私。今年は逆チョコなる商戦もあったようですが、殿方だけに食べさせて終わりでは気が済みません。
金曜日はは旦那が珍しく飲み会でいなかったのですが、行きつけのケーキ屋で旦那のチョコよりデカいチョコレートケーキをいっぱい買って帰りました。
子供たちと3人でピザを食べながら歓談。そしてチョコレートケーキ!美味しかった~
子供らの残した分まで食べて…だから太るんですよね^^;

旦那は毎年ながら沢山もらって来ました。でも子供たちに・・・というのが多くペンギン型チョコとかリラックマチョコとか(笑)ありがたいことです。


さて土曜日はレッスンでした。
バレンタインデーで先生はコンサートに行かれるため、いつもより1時間早く設定していただいたのですが、教室に着いたら「実はコンサートの時間間違えてまして」(爆)とのこと。
いつもは1時間ですが、今回は45分のレッスンとなりました。
今度長めになんて仰ってたけど毎回15分以上超過していただいてますしねぇ。
いつもより短めではありましたがコンパクトながら内容の濃いレッスンでした。

ツェルニーとバッハの二択についてですが、アンケートにご協力いただいた皆様ありがとうございました。
ご意見は同数に分かれてしまいました。
どちらかを辞めるということは私にはやっぱりできないので、考えに考えた結果、

発表会前はバッハ平均律と曲の2曲。
発表会などが終わったら、ツェルニーとバッハのみを見ていただく。


ということで先生に打診してみました。
聞いた時に先生はちょっと慌しそうな感じだったのですが、それでいいですよとのことでした。
発表会が終わったら平均律が「曲」扱いとなります。
ツェルニーとバッハ両方で指の動きや音楽性の訓練を受ければ、他の曲を独学でやってもかなり有用でしょう。
また6月ぐらいになったらドルチェの発表会曲を始めることになりますが。


★ツェルニー40番 24番★
数小節弾いた後、「拍頭を感じて弾くこと。どれも同じ強さで弾かない。」との注意を受けて、右手だけゆっくりffで一通り弾きました。
打鍵時の指の置き方など詳しく指摘を受けました。
指くぐりの1の指の打鍵のフォーム、親指と人差し指の間の筋肉で支えて打鍵後上部に上がることを感じる、etc...

来週からツェルニーのレッスンはお休みですが、来週までの宿題として、この24番をゆっくり両手で一通り弾いてから曲の練習を始めるようにとのこと。
この練習によって指が目覚めることでしょうとのこと(笑)

で最初の頃よりはだいぶ指が強くなって来ましたねとのことでした。
確かにレッスン翌日の指の筋肉痛が少なくなって来たような。


★バッハ平均律第1集10番 プレリュード★
バッハは4小節ぐらいしか弾かせてもらえなかった~^^;
左手の伴奏?16分音符の動きの特訓でした。
左手の指の先を思い切り締めて、先っぽで弾く。間違ってもダラ~ッとフワ~ッと弾かない。


締めるの苦手や~@太平洋爆


スタッカート練習を少ししました。
大きく腕を振り上げてそのまま鍵盤に落とすスタッカート。
少し上から落として弾くスタッカート。の2種類です。

この練習が宿題とのこと。ツェルニーがちょうど右手特訓なので、バッハは左手でちょうどよいでしょうとのこと。
スタッカート練習は大きく振り上げるバージョンのコツはよくわかりませんでした。どうわからないか説明できなかったので先生にも聞かなかった(アホ爆)
ま、わかる分だけやっておこう。


★愛の夢3番★
愛の夢はですね、部分練習の甲斐あってか、家で弾く分にはノンストップ、ノーミスで弾けることも出て来まして。
よく考えたら発表会までちょうど後1ヶ月なんですね。暗譜は完全にはできてないけど。

でも先生の前だとやっぱりボロボロですね。こんなもんかな~

・冒頭の「ドーードーードーーーーード」の後のドが早く入りすぎるので、間を空ける。

・6小節目・・・左手の音の進行で音が濁るのでペダルの区切りを入れる。

・17小節目~・・・左手の和音にメロディが消されないようにメロディラインをはっきり出す。
フルコンだと左手の音がもっと響くので、左手は軽めのアルペジオで。

・21・22・23小節目・・・メロディラインだけ取り出しての練習。最後のアクセントのファ♭の打鍵をする時に親指が下がってしまわないように。

・32小節目、33小節目~部分・・・途中の和音が変わるところのハーモニーを感じて弾く。

・36~38小節目・・・右手オクターブメロディのところは「重みをかける打鍵」で!決して「速さを出す打鍵」にしないこと!

・58小節目第2のアリンコ部分・・・両手の頭の音を揃える。
全体的に音楽的な練習と技術の練習が必要だけれども、この部分は徹底して技術の練習をすること。
宿題として、「ffでゆっくり ①片手ずつ ②両手」を毎日必ずやること。

・TempoⅠ部分はイメージとかもできてて技術的にもよいとのこと。最後の〆の部分は今回も褒められました。こういう終わり方は本当は好きではないのですがね^^;

ジャン!ジャン!ジャン!が好きで、今日レッスンに行く前にタランテラの譜読みをしてみたら、最後が私の好きなジャンジャン系だった(笑)
時々ならこういう欲求不満解消に、よその曲に気が散るのもよいことでしょう(爆)


おっと!後1ヶ月だった!(爆)


暗譜も頑張りま~す^^

2009/02/10 (Tue) 01:31
暗譜練習開始(第12回(2/7)のレッスン)

こないだの土曜日はレッスンでした。
その前の週ケツワリしたので2週間ぶり。
いっぱい部分練習ゆっくり練習したつもりだったんですがね。
朝も生グランドで2時間練習したし。

最近先生の褒め言葉って、悪い所指摘する前に敢えて付け加えて言ってることがわかり、あまり真に受けなくなって来ました。悪い気はしないんですけど。
全くのウソではなく無理していい所探して言ってくれてるとは思うのですがね。
指摘する前に褒めるのはピアノ講師のテクらしい@某SNS講師コミュ情報


★ツェルニー40番 23番★
・右手ノフォームや音はよいが、左手の和音の打鍵に注意する。弾く準備をしてから打鍵するように。

・最後から2段目のどんどん上に上がって行くところは1小節ごとに体勢(フォーム)を仕切り直すのに気持ち間を入れるぐらいの方がよい。

・最後から2小節目の両手ユニゾンのラは次の和音につなげる音として弾く。気を抜かない。

1回通して指摘事項を受けて、○をいただきました。
次は24番です。バッハに行く前に楽譜を黙読して弾き方の質問ないか訊かれた・・・。初体験。
読んだだけで弾きにくい箇所とかはまだわからないですね。精進すればそういうのがわかるようになんのかな。


★バッハ平均律1週10番 プレリュード★
・ハーモニーの移り変わりを感じながら弾くこと。

・左手伴奏の1拍目はノンレガートで。少し切る。

・13小節目・・・拍頭を意識して弾くようにする。

・28小節目・・・いきなり弾きにくくなる箇所は前もってそこに移動するという意識を持つ。
一番ベストの位置で指を動かせるように手を持って来る。

・30小節目・・・右手二分音符ドは「語り」になるように。

今回、先生にバッハとツェルニーどちらか一つでもいいですよ(一つにしませんか)と言われました。
ツェルニーだけなら2週に1回サクサク進んでるからストレスにならないかなぁとか、でもバッハは独学で弾くの難しいからみてもらいたいなぁとか瞬時に悩んで、またバッハもツェルニーもお願いしますと言ってしまった・・・^^;
こういう提言は2,3度目なのです。
あまりに練習時間少ないと思われてるのか、やはり実際ムリなのか、わからないけど先生の言うこと聞いた方がよいのかなぁ。


★愛の夢3番★
今回愛の夢はかなり気合入れて練習して行ったんですが、先生の前だと総崩れでした(爆)
次回は普通に練習して行きます。凹むから。

気合入れて・・・と言ってもランランの自伝読んだとか、愛の夢の歌詞調べたとかそういう外壁固めだけだったんですけどね(爆)

ランランの自伝はかなりよかったですよ。彼の弾くところって見た目面白いじゃないですか。
何を考えながら弾いてるのかとても興味あったんです。
が、頭の中で描く物語は結構自由でいいんですね。
タランテラは「毒クモのダンス」で毒が抜けるまでヘンチクリンな踊りを踊り続けないといけないだとか、笑えました。

真実は小説よりも奇なり、でしたっけ?(笑)
運の悪さ、はたまたサクセスプロセスに上がるタイミングや運の良さ、それはそれは大河小説のようでした。
いやいや思いっきり2日間どっぷりはまりましたとも。中国語版まで注文してしまった。読むの時間かかるのに。
のだめの時のように何度もネットリ繰り返して読みそうです。
あ、そうそうのだめも3月から連載再開だそうですね。そちらも楽しみ~^^

・・・思いっきり話それたな(爆)

レッスン記は今回要約のみで(笑)
・4小節目・・・ペダル表示を訂正されました。左手がレになるところで踏みかえる。

・26小節目「第一のアリンコ部分」・・・指の分離をさせる。伸びたり曲がったりしないように。
曲げて弾くならずっと曲げて。
強拍弱拍をちゃんと意識する。スラーがかかっている部分ごとに仕切りなおす。

・37小節目からサビ部分まで・・・左手伴奏がラフマニノフの前奏曲みたいとのこと(笑)ゆっくり弾きで打鍵前に意識する練習をした。

・45小節目右手はディクレッシェンドでソ♯ード♯で終止する形を意識する。左手はクレッシェンドにするとキレイに聴こえる。

・最後の〆の部分のところ、変な指遣いを訂正されたが、ここの部分はいつもよい、とのこと。

愛の夢3番の今後の課題は

①目をつぶってゆっくり弾く

②すごくゆっくり打鍵フォームを意識して弾く練習をする

だそうです。
目をつぶる・・・暗譜の練習も兼ねてるそうですが、目をつぶると適当に弾いてるところがわかるとのこと。ひえ~~~。暗譜、なかなかできないんですよ。この曲。アルペジオの音の構成適当にその和音になってればって感じ?少しずつ特訓はしてるんですがねぇ。
酒の飲みすぎで脳が溶けてるのかな(爆)

第二のアリンコ部分だけは鍵盤見てると指と頭がこんがらがって来るので目をつぶって響きを確認しながら弾いてます。
これを曲全体にやれればいいのですよね。ふ~

それにゆっくり弾くと曲がわからなくなりそう。地道にコツコツやるしかないのねん。

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。