Hablemos un poco~ちょっとおしゃべり~ 3月1日(日)のレッスン

プロフィール

てんてん40

Author:てんてん40
サラリーマン歴30年弱のオバフィフです(爆)

職業:某機関OL
誕生日:モツアルトと同じ 209年違い(笑)
趣味:ピアノとか歌とか。クラシック、演歌、金爆など一見統一性ないですが、血沸き肉踊る音楽が好き。

リンク

モニターサイト

マクロミルへ登録 ライフメディアへ登録

最新コメント

熱帯林商店

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/03/01 (Sun) 23:47
3月1日(日)のレッスン

日曜日はレッスンでした。
もうレッスン回数わからなくなってますね^^;まあ、どうでもいいか。。

今週は本当はレッスンがなかったので、2週空いて今度の7日のレッスン1回だけで発表会・・・の予定でしたが、2月の鬼が来た日(笑)に次女と私が熱を出した時の振替で見ていただきました。

今日はお昼間だったので雰囲気まで明るかった~。
発表会の前の前のレッスンということで、今日もみっちりでした。
先週ダメ出し喰らい過ぎて凹んでおりましたが、今日は何点か問題点をクリアしていただいたり、指のフォームの思い込みを訂正していただいた結果、ラクに打鍵できるようになったりなどが続いたため、とても気持ち的に晴れたレッスンでした。


★バッハ平均律1集10番 プレリュード★
・7小節目右手・・・3拍目後半のソの音を打鍵したらしっかり指を立て直す。そうしないと4拍目の速いところが崩れてしまう。

・8小節目右手・・・レミファの頭を意識して両手の音共揃えて打鍵する。最後のソファラドのラもしっかり指を立て直す。

・13~14小節目・・・拍頭を意識して両手の音を揃える。

・21~22小節目・・・左手拍頭の音のハーモニーを感じながら弾く。

・24小節目・・・右手レ シーラソラ の シー をちゃんと意識して打鍵する。

≪今週の課題≫
Prestoの部分を以下の内容で練習する。
①片手ずつ ゆっくり  ff 5回
②片手ずつ 少し速く ff 5回
③片手ずつ 速く    ff 5回
④両手    ゆっくり ff 5回
⑤両手    少し速く ff 5回
⑥両手    速く   ff 5回



↑これを一日でやるのはきついので、少しずつ愛の夢を練習する前に練習してくださいとのこと。
両手共速い音でツェルニーっぽい部分なので指を目覚めさせるのにちょうどよいでしょうとのことでした^^

また練習表作ろうっと。。(最近サボっていた・・・)


★愛の夢3番★
今日はとことん指の形とかチェック入りました。あ、今日に限ったことでないですが。
でもいつもと違うのはコツが自分なりに掴めたこと!嬉しいですね。マスターできれば(爆)

全般的にやはりタメというか、音同士の間をいっぱい書き込みしていただきました。
音をキレイに出すためには指をすぐ近く準備してから打鍵して、打鍵後指を前上方に上げること。
そうすれば次の打鍵体制に入りやすい。手がべちゃっとなったままだと次の音をミスタッチしたり音が出にくかったりするので注意すること。

・冒頭部分・・・鍵盤を打鍵して中途半端に指を上げているため音が固くなっている。音をキレイに出すには打鍵後指をしっかり前方に上げること。


・5小節目メロディ・・・ドーーファのところがファの方が強くなっている。逆。

・21~24小節目・・・メロディが不明瞭なので、メロディだけ取り出して練習しました。打鍵法のチェックを受ける。
右手伴奏アルペジオのまとまりの最後の2つの音がどれも詰まってしまっているので、落ち着いて間を持たせて弾くこと。

・31小節目・・・後半のレードのレーが出にくいのは前半弾き終わった後のフォームが力が抜けているから。

・32小節目・・・最後のファに入る前に一呼吸置く。左手は前半と後半の間をちゃんと響きを聴くこと。
慌てずたっぷりゆっくり弾く。

・42小節目~・・・両手の2分音符は伸ばす意識を持つ(物理的には無理だが)。中のアルペジオの音を外すのは準備していないから。ちゃんと意識して打鍵すること。

・55小節目・・・右手和音は人差し指で支えて5の音が出るように打鍵すること。

・56~57小節目・・・右手はアルペジオの入る前にふわっと間を置く(笑)
左手のアルペジオの最終音の打鍵に注意。弾いたらふわっと上げて次のアリンコの第1音の鍵盤まで指を持って行くこと。

・58小節目~アリンコ部分・・・片手両手でffゆっくり弾き(左手は3倍)の練習をする。指を強くするために指を上方から落として跳ねてハジく練習も有用。
この練習で指が強くなったら、ハーフタッチでフニャフニャ軽く弾けるようにすること。
指が弱いままでフニャフニャ弾きをすると、音がちゃんと出ないそう。

・62~63小節目メロディ・・・ドード レード ドー のレーと その後の拍頭のドーがちゃんと出ていない。

・68小節目~と74小節目~のところは、しみじみとした感じを出すこと。もうすぐ終わりだけどまだ終わりたくない・・・というような(笑)

・76小節目~・・・和音のバランスを考えて弾く。メロディが浮き立つように。

指のフォームの他、姿勢も多々指摘を受けました。
腰で身体を支えてちょっと後方に上体が傾くぐらいにして、両手が自由に動くようにすること。
決して前のめりになってはいけない。手が動きにくくなるので。
あと打鍵時に腹筋を使う。特に弾きにくい箇所など。
手は手のひらを外に向けがちだけれどもそうではなく気持ち内側に。二の腕は締め気味にすること。

あと今までずっと親指の打鍵をする時に指を真っ直ぐにしていたのですが、私の指は普通にすると外90度に反っているのです。
それを無理に反らないように矯正して弾いてたのですが、それは反ったままで指の根元の関節で打鍵を支えればよいそうです!
ここが今日のレッスンで一番目からウロコポイントだったでしょうか。。
お蔭で親指で出す音も堂々と打鍵できます(笑)

一通り指摘を受けた後、今度はピアノ後方に先生が回られてもう一度通して弾きました。
ちょっと弾きなおした部分1、2箇所。
でも後半はうまくまとまって最後まで弾けました。
最後の和音を弾いた直後に


ピン ポーン♪


次女の担任の先生でした。
まるでのど自慢の鐘二つみたいでした(爆)タイミングよすぎ~。

先生曰くだいぶ弾けるようになったので、今度は聴かせどころをいっぱい作ってくださいとのことでした。楽譜はコピーしなくては~。
プログラム?にピアノ歴を書くらしく、年数とか聞かれてブランク25年入れて11年です~とか言ってたら、


かなり頑張ってらっしゃいますよねぇ


と言っていただけました(涙)
労いの言葉をいただくとやはり嬉しいものですね。
趣味のピアノだけど、頑張れるところまで頑張ってみよう。

次回レッスンは3月7日(土)の予定です。

<< 脳汁不足 | ホーム | 本年第2回の練習会 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。