Hablemos un poco~ちょっとおしゃべり~ いよいよ本番直前(第6回(11/29)のレッスン)

プロフィール

てんてん40

Author:てんてん40
サラリーマン歴30年弱のオバフィフです(爆)

職業:某機関OL
誕生日:モツアルトと同じ 209年違い(笑)
趣味:ピアノとか歌とか。クラシック、演歌、金爆など一見統一性ないですが、血沸き肉踊る音楽が好き。

リンク

モニターサイト

マクロミルへ登録 ライフメディアへ登録

最新コメント

熱帯林商店

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/01 (Mon) 01:22
いよいよ本番直前(第6回(11/29)のレッスン)

こちらのブログの更新は久しぶりです。
先週末ちょっとした気の緩みでアホ丸出しな大失態を犯してしまい、検索エンジン側の後処理が終わるまで休止しておりました。
もしかしたら処分を受けるかも???とビクビクしておりましたが、そこまでには至らず。
そんな悪いことしたん?いえ、まぁ~その~。いわゆる税金泥棒です。ハイ
以後気をつけます。

*********************************************
土曜日は2週間ぶりのレッスンの日でした。
朝は久しぶりに次女の音楽教室へ。
いえ、レッスンではありません。12月まで籍があり今まで無欠席だったのですが、行事と練習会で2週空けたらついて行けなくなりました。親がギブアップ、です。

2週目お休みした時に先生が送信されるレッスン内容のメールが来なかったので、もう退会の件が通じて送って来ないのだなともうそのままフェイドアウトも考えたのですが、木曜あたりに送信忘れてましたとメールが来たので、私自身がピアノつながりで先生と会うこともあるかも知れないし、やはりご挨拶に伺うことにしました。
思い切って行ったので後腐れなくなってよかったです。

先生が次女は「本当はできるんですけどね~」と仰っっていただいたのですけど、やはり親のフォロー次第だそうで。
だいぶ前にブランコ落下&園の門に激突で頭部打撲事件が続いてから、打ち所が悪かったのか落ち着きのなさに輪をかけるようになってしまい、昨今は本当に羊に見放された羊飼い状態なんですわ。

先生にも聞かれたのですが、帰宅後本人に「これからピアノどうする?」と聞いたら、


「・・・。ドレミのべんきょうむずかしいから・・・。」


と言ってました。
ほとんど強引に教室に入れたけど、本人にも負担だったのだなぁ。
まあ、3歳児から自分の意思オンリーで入るヒトなんていないでしょうけどね。

習い事に関しては彼女の興味の方向とかも見ながらこれからゆっくり考えるとします。
次女の場合はまず文字を書いたり、カタカナ読んだりが先かな。
長女はそれができてからピアノや楽典を始めたので。
やっぱり耳と頭だけだと無理があるんですよね。そこを頑張れば音感よくなるらしいけど。


土曜日はフル稼働。
朝の挨拶のあと買い物→子供らとチーズケーキ作って、夕飯の準備をしてレッスンへ。
レッスンから帰ってご飯を食べて、マンションの理事会へ。
ちょっと前だったらこんな行程の翌日は必ず寝込んでましたけどね。
リバウンドしてから体力ついたみたいで(腰はやばくなったけど)、土日の昼寝がなくなったんです。
素晴らしきかな、リバウンド(爆)

レッスンの道のりは片道30分往復1時間のサイクリング。
川に囲まれた地域ですので、橋を渡る時が坂で結構キツイのですが、最近はだいぶラクに感じるようになりました。慣れて来たのでしょうか。

レッスン室に着いたら、誰もいない。
またレッスンない日に来ちゃったかなぁ。でも帰る前に先生に聞いておこうと電話したら、先生が1時間間違えてらっしゃったようです。
部屋に入って練習しててくださいね、と言われて化粧ポーチを持って洗面所に行かれたのですけど、全然スッピンに見えなかったぞ!ちゅうか化粧しても変わらないというのでしょうか。いい意味で(ここ重要)

今回も集中特訓していただきました。
暗譜は今回切れなかった、かな。だいぶ安定して来ました。
1時間まるまるだと指摘事項も全部覚えきれませんでした^^;

覚えてるところだけ書き出しておこう。

****************************************************

・50小節目~部分
p(ピアノ)で。右手の連打フォームの確認。右手だけの取り出し練習。
左手はベース音の中に2音目3音目の和音の響きが入るように弾く。

・56小節目
丁寧に。右手の拍頭と左手を揃えて和音の響きをよく聴く。

・59小節目
最後の右手のレの音をよく聴く。

・60小節目
最初の休符をちゃんと感じる。フェルマータは約2倍。身体の中でちゃんと拍を取る。

・60~65小節目
イントロチックな冒頭部分は2音=1つのまとまりになるように弾く。(強拍弱拍)
右手連打フォームの確認。
連打後の右手3連符ノアタマは8分音符なので1指の音は延ばしたまま。落ち着いて弾く。

・68小節目
右手のメロディラインになる音を謳わせる。

・73~77小節目カデンツァ
技術面ではリズム練習が必要。弾き込んで指と音をきちんと覚えること。
聴いていると、全然色やイメージが伝わって来ないので、イメージを作るとよい。

・88小節目~部分
左手伴奏が大きい。p(ピアノ)で。フォルテの時は指をラフに力を抜いて弾くが、ピアノの時は指の付け根の筋肉を意識して多少力を入れて弾くこと。

・93小節目
ピアニシモから入って5拍目でメゾフォルテぐらいまで大きくして、その直後にまたピアニシモに戻す。

・94小節目
要リズム練習。

・95小節目後半~部分
音を全部きっちり弾こうとしているが、メロディの流れを意識して弾く。
難しいところは鼓動が早まり、ついつい早く弾いてしまうので、敢えてゆっくり目ぐらいに弾くとちょうどよい。
ここの部分はピアニシモなので強くならないこと。休符の間をちゃんと入れる。

・99小節目
前半終わりの音と後半最初の音は変えること。

・101小節目
左手や右手の音がところどころ抜けている。拍頭を揃えて丁寧に弾く。
左手は高いところまで行って低い音に戻る時に、手前を通らず鍵盤の上を通って戻ること。

・110小節目
前半終わって後半入るところで音を外している。ここは急がず間を取って弾くぐらいでもよい。

・119小節目
右手オクターブ連打はフォルテで。

・125~128小節目部分
126小節目冒頭の和音は決める。その前は準備をする間を入れる。
このあたりから音が強くなっているが、ここはコーダのフォルティシモを引き立たせるためにピアニシモから徐々にクレシェンドする。
128小節目終わり3音(ド-ド×-レ)は際立たせる。

・コーダ
ちゃんと弾けているが、もっと曲想をつける。
リストは人の奥さん盗ったりワルだったので、そのイメージなど(笑)参考にするとよい。
(弾きなおした後)最後の和音の部分でワルからお母さんに戻っている(笑)
最後の和音はフェルマータでないので、拍数以上延ばさない。6拍数える。

ペダルは、ペダルの戻りを感じて徐々に離す。
終わって両手を離すのも工夫をする。ブツ、と終わった感じにならないようにする。

【質問事項部分】
・曲冒頭のテーマ提示部分
跳躍メロディの親指部分が上手く命中しない。
 →まず親指だけでしっかり打鍵する練習をする。そのフォームのままで跳躍時も打鍵するとよい。打鍵時は腹筋を使うこと。

・21小節目~部分
右手の跳躍前のタラララ(笑)がどうしても滑ってしまう。
 →指の付け根の内側の筋肉を意識して使う。

・69小節目~部分
前回より2度目。右手がどうしてもこけてしまってグラグラしてしまう。
 →手の向きがピアノ外側にこけている。(手のひらが内側に見える状態)そうではなく、手の内側が外に見える向きで指のつけ根の筋肉を使ってしっかり指を鍵盤の上の宙の部分で固定して弾く。
メロディラインの高音部分は8分音符なので、押さえたまま弾くとよい。

************************************************************

おおよそは思い出せたかな。指摘されたフォームとかがウロ覚えな部分もあり(オイ)
でも先生は的確にわからない、弾きにくい箇所を解決してくださるので、とても助かってます。
やっぱりレッスンで見てもらうものですねぇ。その時は一時的にも直りますから(笑)
その後維持できないのが凡人のゆえんですがね。

レッスン最後にホロヴィッツがやっていた指の独立練習を教えていただきました。
ハノンの減七和音のアルペジオ練習のページがありますが、和音を全部押さえながら、順番に1個目、2個目、3個目、4個目の音が聴こえるように弾くのです。
やってみたけど結構難しい。でもできてると言われました。ホント?(笑)

次回はまた来週土曜日です。あ、もう今週か。
今日は夜先生のお師匠様の室内楽のリサイタルがあり、行って来ます。
曲は多分ベトベン?ベートーベン協会協賛とかあったから。

あ、そうそう、1月に受ける予定だったス○ップ。
教室枠があるのかと思い、先生の指示を待っていたら、定員になってしまっていました。
自分で申し込む必要があったそうで。講師番号が必要だったのでそのままにしていたんですね。
愚か者です。
でもお師匠様のトークコンサートとかもあるようだし、せっかく休みいただいたので行って来ようと思ってます。
かなり残念でしたが。カンパネラ弾くつもりマンマンだったもんで。ハア

ま、これも何か意味があってのこと・・・と思うことにしよう。



<< 忙中甘あり。 | ホーム | トラックバック企画:来年弾きたい曲リスト♪ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。